• ホーム
  • 髪型に困るm字ハゲに効果的なプロペシア

髪型に困るm字ハゲに効果的なプロペシア

カプセルを持つ人

日本語で男性型脱毛症と訳される「AGA」とは、第二次性徴以降の男性ホルモンが影響して生じる症状です。遺伝や生活習慣などに左右されますが、一般的に加齢に伴い進行していくケースが多く、症状の現れ方には個人差があります。AGAの特徴として、髪の生え際と頭頂部の抜け毛や薄毛が進行していきます。髪の生え際が抜け毛によって後退していくと、m字ハゲと呼ばれる状態になり、髪型で薄毛を隠すのが難しくなっていきます。AGAは症状が始まってしまうと、自然に症状が改善する事はありません。また、一度頭髪が弱く細くなってしまうと、再び健康な状態に戻すのは時間も手間も必要となります。そのため、薄毛の兆候が現れたらすぐに治療を初めて進行を遅らせるのが重要となります。
AGAの治療薬として、日本の厚生労働省からも効果と安全性が認められているのがプロペシアです。アメリカにある医薬品メーカーのメルク社が開発した飲むタイプの育毛剤で、有効成分にフィナステリドが配合されています。内服する育毛薬としては世界で初めて開発された治療薬で、日本以外にも世界中の様々な国で利用されています。元々は育毛や発毛ではなく、前立腺の病気に対する治療薬として開発された薬でしたが、臨床試験を行っている内にプロペシアを使用した患者の多くに発毛効果が認められるようになり、育毛薬として注目を集めるようになりました。日本でプロペシアを入手する手段として一般的なのは、皮膚科や専用クリニックなどで処方を受ける事です。AGAは社会生活に影響を与える病気ではないため、治療に保険は適用されませんので注意して下さい。他にも個人輸入などの方法で入手する事も可能ですが、偽造品や粗悪品を購入しないように注意が必要です。