• ホーム
  • 効果を期待するなら最低でも半年はプロペシア

効果を期待するなら最低でも半年はプロペシア

困っている男性

薄毛、脱毛症で悩む成人男性は沢山います。日本でスイッチOTC薬としてリアップが発売されて以降、薄毛、脱毛症の治療に対する関心は大きくなりました。その後、男性型脱毛症に特化した治療が行われるようになりました。男性型脱毛症とは男性ホルモンのテストステロンが発症に関与している脱毛症のことで、成人男性の脱毛症の半数は男性型脱毛症が原因となって起こっていると言われています。テストステロンは主に精巣で産生され、血液に乗って毛根に到達し作用します。この時、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換されてから作用します。
男性型脱毛症の治療にはプロペシアという薬が使用されます。プロペシアの有効成分はフィナステリドというもので、日本ではプロペシアのジェネリック医薬品も発売されています。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することによってジヒドロテストステロンができないようにします。これによって男性ホルモンによる毛根への影響を低減する効果が期待できます。
脱毛症の改善効果を期待するならプロペシアを最低でも半年は服用する必要があります。プロペシアの添付文書にも最低でも半年は継続使用し効果判定をすることとされています。これはヘアサイクルにおいて毛の成長期が最低でも数か月はあるため半年は継続使用しないと効果が目に見えるものとならないためです。毎日使用を続けることはなかなか大変ですが根気強く使用し続けるようにしましょう。ちなみにプロペシアは副作用が出にくい薬で、他の薬との飲み合わせも問題とならないため長期服用も安心してできる薬となっています。また1日1回の服用で済むため長期服用する上では負担が少ない薬となっています。