• ホーム
  • プロペシア服用中は献血できない理由

プロペシア服用中は献血できない理由

緑と黄色のカプセル

プロペシアはAGA治療薬として国に認められていることから、薄毛に悩む男性の多くが服用していますが、服用中の人は献血ができないようになっています。服用を中止しても1ヶ月は経過しないと断られるようになっている理由は、血液中に含まれるプロペシアの有効成分であるフィナステリドが原因です。プロペシアはほぼ毎日飲み続ける必要があり、その度に血液中に溶け出し、有効成分が体内でAGAに対して作用するようになっています。しかし、この有効成分となるフィナステリドは、男性のAGA治療においては非常に有効とされている反面、女性にとっては禁忌となっています。実はこの問題は最近になって見つかったものですが、妊娠している女性にフィナステリドを投与すると、催奇形性が認められていることから、胎児に悪影響を及ぼすことが分かっています。催奇形性とはつまり、奇形児が生まれる可能性があるというもので、フィナステリドは男性ホルモンに影響を与えるため、生まれてくるはずの男性の赤ちゃんの生殖器に奇形が生じる可能性が高いのです。たとえ妊娠していない女性に血液を与えたとしても、成分が消失するまでに1ヶ月はかかるため、妊活中の女性にとっては大きな問題となってしまいます。そのため、血液中の成分が完全に消失するまでの1ヶ月間は、プロペシア服用中の男性は献血ができない決まりとなっているのです。ちなみに、プロペシアは触れるだけでも皮膚から成分が吸収される可能性があるため、女性が触れることも禁忌となっています。AGA治療中の男性はプロペシアの保管方法を考え、特に夫婦の場合は触れないよう警告しておくなど、十分な注意を払っておく必要があります。